About

空色雑貨店へご来店ありがとうございます。

このサイトでは、私「うさみみ」が制作したポストカードやガラスフュージングのグラスアートやアクセサリーを展示・紹介しています。

季節と共に移り行く空の色を 風の気配を閉じ込めて
あなただけのお気に入りに出会えることを願って

 
ココロに ソラを 貴方にも 届きますように

sky2002

はじまりの空

空の写真のポストカードの制作を始めたきっかけは、友達に、私の撮った写真の一枚ををプレゼントしたこと。
私はそれまで、自分の趣味として楽しむ程度には空や自然の写真を撮っていましたが、その写真を人に見せることはほとんどありませんでした。

そんなある日。
旅先で偶然に出会った、とても言葉では表せないほど綺麗な、空。
夢中でシャッターを切り続けたその空との出会いの感動を、その空のあまりの美しさを、どうしても誰かに伝えたくて。
その時初めて、私は自分の撮った写真を、一人の友達に見せたのです。

私が撮ったそのたくさんの空の写真を、友達はとても喜んで見てくれました。
その様子に私はとても嬉しくなって、その中でも友達が一番気に入ってくれた一枚の空を、印刷してプレゼントしました。
写真を受け取った友達はとても嬉しそうで
プレゼントした自分も、そんな彼女の表情から、言いようのない、とても暖かい、ココロあたたまる気持ちをもらいました。
それがまた、嬉しくて。

ああ、もっとたくさんの人に、この空を届けたい。
届いた空を見た人に喜んでもらえたら。
そこから何かを感じてもらえたなら。

そんな思いが、全ての始まりでした。

postcard2002

ガラスフュージングとの出会い

小学生の頃、お土産で貰った長崎のビードロ、ガラス細工の飾りや置物、冬の寒い日に母が入れてくれた温かいレモンティーの注がれた琥珀色のガラスのティーカップとソーサー。子供の頃から透明でキラキラしたものが大好きだった私にとってそれらはいつでも特別で、ガラスは一番身近にあった「透明でキラキラしたもの」でした。

大人になってもガラス好きは変わらず、素敵なガラスの作品に出会うたび、いつか自分でもガラスの作品を作ったりしてみたいなぁ、と思ったりしてはいましたが、当時は本格的な工房などに弟子入りするよりほかにガラス工芸に触れる機会などないのだろうとも思っていました。

そんなある日。旅先でふらりと立ち寄った「ガラス工芸体験」で初めて、「ガラスフュージング」の世界に触れました。
ガラス板を割ってできた、色とりどりのかけらたちを積み上げて。
そうして描いたガラスの世界が、 熱を加える、という魔法をかけられて、世界でたった一つの宝石に変わる。
その奇跡のような瞬間に魅せられて。

それからずっと、ガラスを焼いています。
重ねたガラスは熱を加えられ、偶然と、必然と、いろんな条件が重なり合って、「カタチ」になる。
同じように重ねても、同じものは二度と作れない。
そんな奇跡のような瞬間に、私は今も魅せられ続けているのです。
kazanbana

空色雑貨店、名前の由来

「空色雑貨店」の名前は、その名の通り「空色」の「雑貨」を届けるお「店」と言う意味で付けました。

刻々と変わって行く空の色を、雲の様を、風の気配を
その一瞬を切り取ったような作品を。

空色が大好きな私の、想いと願いを込めた名前「空色雑貨店」
その名に負けないように、いつまでもいろんな「空色」を届けていきたいと思っています。

あなたのお気に入りの空が見つかりますように。
ごゆっくりお楽しみください。

 
※このサイトは2016年9月12日よりギャラリーへ以降し、作品の販売は外部サイトに移動しました。

usamimi-glass

うさみみ

  • 北海道産宮崎育ち。
    日当たりが良く暖かい土地で育ったため、寒いのとじめじめしてるのは苦手。
  • 何かを創り出すという作業が好き。自分の創り出したものも大好き。
  • 天気の良い日は出かけるのも好き。知らない土地へ出かけるのが好き。
  • 音楽を聴くのも好き。歌うのも好き。
  • 緑豊かな自然に触れられる環境と、日当たりの良い場所が好き。

Since October 10, 2003